様々な形式|医学部を目指すなら予備校に|評判を徹底分析
勉強道具

医学部を目指すなら予備校に|評判を徹底分析

様々な形式

男性と女性

方法いろいろ

入試の面接は様々な方法があり沢山の質問がされます。どんな質問にも大きな声でハキハキと答えることがポイントです。緊張してしまいがちですが、決して下を向いたりしてはいけません。できるだけ面接官の方向を向いて言葉と態度で自分の熱意を伝えましょう。質問が聞き取れなかったり、質問の意味が分からない時はきちんと聞き直しましょう。分からない時は素直にわからないと言うほうが下を向いてモジモジしているよりも良いです。座っている時の姿勢や待っている時の態度も見られているものです。背筋を伸ばして椅子に座り手は膝の上におきましょう。リボンやネクタイが曲がっていないかきちんと確認してから面接に臨んでください。食事の後だった場合は歯磨きも忘れずに。

変わった形式

面接の特徴は、質問だけではなくその形式にもあります。1対1で行う個人面接や、3人から5人くらいが一緒に行うグループ面接がスタンダードです。グループ面接の場合は自分で手を挙げて発言することもあります。また3人から5人位を1つのグループにして他のグループとのディスカッションを見る面接もあります。自分の意見をきちんと言えるようにしましょう。親と一緒に面接を受ける親子面接は、私立の女子校などで多く見られる方法です。親子関係を聞かれることが多いです。親と子供がそれぞれ別室で受けることもあります。どの方法にしても、マナーは変わりません。扉をノックして静かに開けます。閉めることを忘れないようにしてください。